読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆*写真好きなHSPの日常**♪

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)という独特な気質を持って生まれた、写真大好きなOLが綴る日々です♡

どちらにしようか悩むとき

f:id:lucky--happy--smile:20170322081309j:plain

 

Aを選ぶかBを選ぶか。

どちらにするべきか、選択を迫られる岐路に立たされることは

人生の中で何度か訪れます。

(小さいことを含めれば、常に選択の連続ですけどね。)

 

わたしもそういう経験は何度かあって、新卒で入社した会社に関しては

3年くらい、ずーっと辞めるかどうか悩んでました。

 

結局、丸4年働いて辞めたのだけど、辞める時というのは、

「あんなに悩んでいたのは何やったんや!?」って思うくらい

あっさりと辞める決断ができてしまって。

 

その時に思ったのが、

「そういう時が来たら、自然とそういう方向へ流れていくのだな」ということ。

 

友達にも、会うたびに毎回「仕事辞めるかどうか迷ってる」と言っていた子がいて、

わたしもそうだったから、すごく共感できたのだけど

「悩んでいるうちは、辞めるべきじゃないと思う」というのがわたしの意見です。

 

その時がきたら、「あ、辞めよう」って決断ができるし

それが結構ゆるぎないものだったりします。

 

どうしようか悩んでいる時に辞めてしまうと

「やっぱりこれで良かったんかな」って、

少なからず後悔がついてくるかもしれません。

 

ゆるぎない決意ができた後というのは、後悔なんてないし、

清々しい気持ちでいられるものでした。

 

だから、迷っている段階ではまだ現状維持がベター(ベストではない)なのかと。

 

新卒の会社を辞めた後にすぐ、今の会社と出会うことができて、

多少の不満はありながらも、HSPのわたしが環境の良い場所で働けているので

本当に良かったなと思っています。

すべて、タイミングだったから。

 

だけど、状況によりけりで悠長に迷っていられない時もあると思います。

 

そんなときに言われたのが「どっちを選んでも必ず後悔する」ということ。

だから、「後悔が少ないと思う方を選ぶ」

そして、「その選んだ道でどうやっていくかが大切」なのだと。

 

選択肢のどちらかで悩むのではなく。

どちらを選んでも後悔はするし、「あっちにしておけば良かったかも」なんて

どちらを選んでも思ってしまうものだから。

結局どちらを選んでも一緒なわけで、大切なのはその後ということ。

 

そして、「必ず人は正解の方を選ぶようにできているものだから」と、

言われたことがあります。

これは、とても心強い言葉だなと思うのですが。

要は「正解だったと思えるように振る舞っていく」ということなのかとも思いますね。

 

だけど、それでも悩む場合は。

「頭で考えちゃダメ。心が『楽しい』と思える方を選ぶのよ。」

 

漫画の中であったセリフ。

わたしは、この言葉を頼りにして大きな決断をしたことがあります。

その決断が正しかったのかどうか、答えはすぐに出るものではありませんでした。

だけど、正解だったから今わたしはここにいる。

それが答えなのかなと。

 

わたしは頭でっかちなタイプなので、感情のみで動くということは基本ありません。

そんなわたしが、大きな決断の時に心で決めました。

それは多大なる勇気がいるものでしたが、大きな出来事であればあるほど、

忘れてしまいがちな『楽しいと思える方』を選ぶのはありかもしれないと思います。

『幸せになれる方』とかじゃなくてね。純粋に『楽しい』と思える方を。

 

生きていて『幸せ』とかそんな大げさな感情よりも

『楽しい』と思える感情の大切さを実感するんです。

 

「何か物足りない」と感じている時は、たいてい『楽しい気持ち』が欠けています。

 

だから、楽しいっていう感情さえあれば、なんとかやっていけるのかなって。

昔は『幸せになりたい』という思いに固執していたけれど、

そうではなくて、もっともっと身近な『楽しさ』を積み上げて

生きていくことが大切なのかなと今は思っています。

 

楽しいと思える方を選び続けていければ、いずれ幸せに辿り着けるのかなと。

 

photo by Q in 菜の花畑