読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆*写真好きなHSPの日常**♪

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)という独特な気質を持って生まれた、写真大好きなOLが綴る日々です♡

アトピーと闘う女子

写真 アトピー

f:id:lucky--happy--smile:20160801165000j:plain

 

女子という年齢でもないですが、、すみません。

 

わたしは色々と抱えていますが、そのうちのひとつにアトピーがあります。

とはいっても、ずっと闘病してるのかというとそうではなくて。

 

いちばん初めは9歳くらい。

中程度でそれほど悪くもならずに治りました。

 

次はハタチ前後のとき。大学生でした。

これも一時期は涙で暮れる日もありましたが、重症に至るほどでもなく治まりました。

かなりツライ日々でしたが…。

 

そして次が今。

こうして整理すると約10年スパンできています。

何かあるのかな?

よく、東洋医学では女性は7の倍数で体に変化があるとか聞くけど

わたしは、7の倍数ではないですしね。。

 

まぁ今ね、結構ひどくてカミングアウトした次第です。

こうして書くと少しはココロのおもりが取れたりするのかなぁと思ったりして。

パッと見はあまりわからないかもしれないけれど、

それはステで抑えてるからであって。

 

去年くらいからひどくなりだして秋冬は腕がやばかったんです。

春から夏になるのが怖かった。

腕の炎症はおさまったのですが、相当ひどかった名残がわかるくらい色素沈着していて

だから、半袖になる季節が嫌だったんです。

すごく抵抗があったんだけど、そのツラさをわかってくれる人がいて

「大丈夫だよ」と言ってもらえたらから、

今はあまり気にせず半袖だったりノースリーブだったりを着ています。

一度着ちゃうと案外大丈夫。

でもやっぱり9割9分、キレイな腕の人しか見かけなくて羨ましくなりますね。

それが『普通』なんだけど、その『普通』がとても羨ましいです。

 

けどね、『受け入れること』がたぶん、大切なんです。

こんな風に見た目悪くなっちゃったけど、それも自分だ、とね。

なんでなんで!? こんなんわたしじゃない! 人前に出れない!

って、そう思うのはたぶん良くない。

 

腕は終息へ向かってるけれど(それでもまだまだ全然治ってないですが)

最近、顔がひどくなりだしてて。

年頃の女としては結構ツラかったりするのです。

 

アトピーってホントに色んな情報が溢れかえっていて

取捨選択を賢くしなくちゃいけない病気でもある。

それがまたストレスとなる。

 

『病気は才能』という著者のおのころ心平さんという方は

心と体はつながっているということをおっしゃっていて

いろんな病気の人のカウンセリングをしてきたみたいです。

病気を治すために、心からアプローチしていく感じ。

それは精神疾患とかに限らず、一見、心なんて関係なさそうな病気に対しても、です。

その中でも、アトピーほど心の在りようが影響してくる病気って他にないそう。

それは経験則でおっしゃっているわけだから、信憑性が高いなと思っているのですが。

 

それはわたしもそう思うから。

ハタチの時のは完全に心因性だたんだろうなぁって。

もちろん、他にも色々と理由があってたくさんのものが絡み合ってはいるのだけれど

治った時はホント一瞬でした。

あれだけ強いステを使っても治らなかったのに、

ステを辞めて、あることが起こって、それがきっかけで

めっちゃ頑なだった自分のある考えがふと違う方向へ向きだしたんです。

 

「なんでわたしあんなにあの考えに縛られてたんやろう!?

 別にこうでよくない!?」

 

って、なんかもうそれはスーーーッって音が聞こえるかのように消えていったんです。

その、頑なだった考え方(思い)が。

 

それは、『フラれた相手をいつまでも想い続けてしまっているけれど

ふとした瞬間に「あ、もういいかも」と思って手放せる瞬間が訪れたとき』のような、

そんな感じ。(よくわからないですかね。。。笑)

 

今、自分でもとても困惑しているのは、現状でわたしはとても幸せなのです。

だから、なぜよくならないのか。逆にひどくなっていくのか。

それがわからないんです。

 

ひどくなるということは、何かわたしの心の中に

クリアにできていないものあるからです。

治るキーはわたしの心の中にある。そう感じているのですがね。。

なんとなくの心当たりもあるといえば、ある。

だけどね、それの手放し方がよくわからないの。

手放そう、手放そう、と思ってもそれは簡単に旅立ってはくれないのです。(涙)

 

ハタチのあのとき、ふとした瞬間にそれが自然と消えていったように。

そんな時を待つしかないのかなぁ!?

 

あと、外側からのアプローチはし続けています。

食事も気をつけています。(だけどやりすぎるとストレスになるからほどほどに。)

 

色々調べていて、アトピーってなんで赤いのかって

そこに血液が溜まってるからなんですよね。

だから、血液の流れをよくすればいいっていうことを聞いたことがあります。。

 

わたしは代謝がめっちゃ悪いし、末端冷え性だし、低血圧だし

(低血圧だと心臓のポンプが弱っているので血液が全身にちゃんと回りにくい)

血液の流れの悪さには自信がある。

 

だから、久々にアロママッサージへ行ってきました。

わたしは特に痩せたいとかもないし、ダイエットもしていませんし

したいとも思っていません。

行く時はいつも、エステ的な目的じゃなくて、健康の目的で行っています。

アロママッサージは体にも良いですが、心にも良いですよ♡

 

わたしはアロマ検定1級とかメディカルハーブ検定の資格持ってたりとかで、

そのへんには興味があって。

 

たまたま友達が自宅でアロマサロンをやっていて、久々に行ってきました。

友達は、あるお客さんを、何をやっても治らなかった病気をこれで治したそうです。

薬を使わないと治らない病気も多いけれど、その逆もしかりなんです。

意外とすごいんです、アロマのパワーって。

アロマのパワーというか、この場合はマッサージだとか香りだとか、

人の手が触れるとか、いろんな要素ゆえですけどね。

 

施術終わってから友達に言われたのが

「きゅうちゃん首がやばいよ。どしたん!? 何があったん!?」って。

 

これほどまでの人はなかなかいない、ふたりめだよって言われました。

他のお店だったら、客引きでハッタリ言ってるのかなとか勘ぐっちゃったりするけれど

仲良しな友達なので、たぶんその言葉には嘘はなくて。

そして、とても納得がいったんです。

 

全身のどの部位よりも首が超絶気持ちよかったし、

顔の症状がひどいってことは、首あたりで血液が溜まってるからだろうなって

色々調べた結果わかって、そんな目星をつけていたから、ドンピシャだった。

 

実際、顔の症状とともに、とても落ち着いていた首もひどくなりだしたんです。

これは、この首あたりも血液の流れを良くしていくことて改善するのではないかと。

 

ちょっとした希望が見えました。

今後は少し詰めて通おうかなって思ってます。週1くらいで。

 

友達なので親身になってくれるし、1時間という中で他の部位はほどほどにして

首を重点的にやるメニューにするって言ってくれて。

そうやって融通効かせてもらえるのがありがたいですね。

そして、値段もめっちゃ安くしてもらってます♡

 

その友達は、「アロマの良さとか知ってもらいたい!」とか

「体を良くしてあげたい!」って気持ちが強いのですね。

営利目的だけじゃなくて気持ちがこもってることを知ってるだけに

とても信頼できます。

 

そんな友達が身近にいることに、とても感謝だなぁと感じています。

ピンチなとき、こうして何か助けを求めるための船のいきつく港が必ずある。

だから、わたしはとても恵まれているなぁと改めて思いました。

 

photo by Q in 京都・伏見