☆*写真好きなHSPの日常**♪

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)という独特な気質を持って生まれた、写真大好きなOLが綴る日々です♡

内気で、人見知りで、おとなしくて

f:id:lucky--happy--smile:20170601222803j:plain

 

「あの頃、すごく好きだったよ。」

「土日なんてなければいいのにって。」

「だって土日はきゅうちゃんに会えないから。」

 

そんな風に言ってくれた男の子がいた。

【あの頃】から10年以上も時が経たおりに。

 

わたしは学校を楽しいと思ったことは一度もなくて

ただただ行くのがしんどくて、だけど行かなくちゃいけない場所だった。

(頭が悪い自分ではいたくなかったから、勉強はきちんとしたい、

という思いもあったけれど)

 

「友達と会えるから楽しい」なんて思ったことは一度もないし

「好きな人に会えるから楽しい」なんて思ったことも、もちろんない。

 

自分に価値がないと思っていたあの頃のわたしに対して

「きゅうちゃんがいるから、学校行くのが楽しかったんよ。」

と言ってくれた彼の言葉に、少し救われたような気持ちになって

「こんなわたしでも、存在価値が少しはあったのかな」と、

彼の発言によって、思うことが出来た。

 

 

***

 

 

学校はずっと嫌いだった。

休み時間より授業中の方が好きだった。

 

授業の種類にもよるけれど、基本的に授業中は座って先生の話を聞いて、

板書していればすむ。

 

板書するのはすごく好きだったし、字もキレイだった(らしい)から

ノートはいつだって完璧だった。

 

運動も苦手ではなかったから(むしろ好きだった)、

体育の時間も好きだったし。 

 

休み時間は友達とコミュニケーションをとらなくちゃいけないから苦痛だった。

できるなら、そのまま座って読書でもしていたかったけれど。

 

そうなると、貼られてしまう【陰キャラ】のレッテルが怖かった。

 

小さい頃から常に【まわりにどう見られているか】を気にしていた。

そんなわたしは、小さな頃から疲れきっていたように思う。

 

陰キャラだろうがなんだろうが、わたしはわたしなんだよ!って思えたなら

ずいぶんと楽に生きられただろうに。

 

とはいっても、学校があったから今も仲良くしてくれている友達にも出会えたし

部活もしていたので、そこで得た経験も大きい。

楽しい思い出だって、それなりにはあるのですけどね。

 

だけど、学校が楽しいと思えた人生が、少し羨ましいなって思う。

 

やっぱり、大勢の集まる場所はどうしても苦手。

小さな頃から、ずっと苦手。

 

内気で人見知りで、おとなしい人も認められる世になって欲しい。

そんな子どもが力強く生きていける世になって欲しい。

 

www.huffingtonpost.jp

 

photo by Q in 公園

 

↓↓↓ 素敵なブログがたくさんあります♡ ↓↓↓

 

にほんブログ村 写真ブログ 大人カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村