読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆*写真好きなHSPの日常**♪

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)という独特な気質を持って生まれた、写真大好きなOLが綴る日々です♡

記念すべき日

f:id:lucky--happy--smile:20161005211902j:plain

 

先月のことになりますが、入籍しました!

同居はまだ先の予定なので、特にこれといって変わったことはありませんが。

 

彼とはお付き合い半年にも満たないで入籍したので

超がついてもいいくらいなスピード結婚ですね。笑

 

彼は友達に「結婚する事になった」って言ったら

「芸能人かよ!」って突っ込まれたそう。

確かに、芸能人はスピード結婚する人が多いですよね。

 

かく言うわたしたちは、早いという感覚は皆無で。

けれど、「そう思ってるのは俺らだけみたいやで」って彼に言われました。

そりゃそーか。。笑

傍から聞けば早いですよね。

 

30歳を迎えようとしている同学年のわたしたちは、『付き合う=結婚』だったから、

付き合って1カ月で彼が結婚の意思確認をしてくれて、

2カ月後にちゃんとプロポーズしてくれました。

 

わたしたちが、出逢って付き合い始めたのも数か月前かというと、そうではなくて

出逢いはもう7年も前のこと。

それ以来ずっと、親友だったのです。

本当に何でも話せる人だったから、何でも話してきた、お互いに。

だから、お互いのことは誰よりも知っているんじゃないかな。

 

わたしはというと、彼はあくまでも友達だったから

「こんなこと言ったら嫌われるかもしれない」とか思う必要がなかったので

ありのままを話してきました。

(彼氏には話せないから、親友の彼に話すという感じ。)

 

 「これは墓場に持っていかなあかん」というようなことも話していたり。。

(話してしまった。笑)

 

わたしは相当ネガキャンしてきたつもりなんです。

いつも「つらいしんどい帰りたい」「仕事辞めたい」のオンパレードだったし。笑

(過去の話ですが。今はありません。)

 

コミュ力がないとか、料理全然できひんとか、部屋汚いとか。

めっちゃ言ってきたよ?

(もっとも、彼はそれらをネガキャンだとは捉えていなかったようだけれど。)

 

それでも、わたしのことを大好きだと言ってくれて、大切にしてくれているのです。

 

いつかブログに書いた『釣った魚にはエサをやらない男』の話しもしたけれど

「俺は、手に入れたらさらに大切にするタイプやで」と言っていて

それは嘘ではなく、本当に、付き合ってからもさらに大切にしてくれています。

 

 

 

 

彼はどんな人なのかというと、めちゃくちゃ優しい。

優しいって色々あるけれども、『優しさを体現できる人』だなぁと、

7年間思ってきました。

 

そんな人の嫁になれたんだから、わたしは幸せだと思う。

いや、だいぶ幸せです。

 

過去の恋愛はホント散々だった。

最中は幸せなんだけれども、今思い返すとツラくなる。

 

こんなに穏やかで幸せなお付き合いがこの世界にあったのだなぁと思う。

ハラハラドキドキなトキメク恋愛もそりゃ楽しかったでしょうが、

不安とか迷いとか恐れとかね。

そういうのを感じなくていいお付き合いがここにあって。

 

どういうお付き合いがいいのかは人それぞれだと思います。

「優しいけれど物足りん」

そう言って心躍るような人とのお付き合いをしている人も多いと思う。

わたしも、過去はそうだったから実際に。

まぁ本能には逆らえませんし。笑

けどやっぱ、わたしの求めていたものは違ったんだなぁと感じています。

 

さらに彼はどんな人なのかというと、性格は、HSPなわたしとは真逆な人です。

神経質で細かくて繊細なわたしとは、真逆の場所に立っているような人なのです。

いい意味で鈍感で、あらゆることをそれほど気に留めなくて、

ストレスなんかは基本的にあまり感じない楽観的な人。

 

羨ましい限りですね。笑

 

そんな彼と、HSPなわたしの関係性についてまたお話しできたら♡

HSPなわたしと、その真逆にいる彼との在り方については、

我ながら興味深いものがあります。

 

photo by Q in 佐用町ひまわり畑 model 友人夫婦