読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆*写真好きなHSPの日常**♪

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)という独特な気質を持って生まれた、写真大好きなOLが綴る日々です♡

感覚だけで撮った写真

写真

f:id:lucky--happy--smile:20161027115651j:plain

 

「この日撮った写真どれも好きすぎる!」っていう日の写真たちがあるんですね。

たぶん、お天気やらに恵まれたせいでもあるのですが、

その日撮った写真たちを超える写真って、未だにあんまりなかったりします。

 

それでビックリなのが、その写真を撮ったときというのは

今メインで使っているニコンの一眼レフではなく、

オリンパスのミラーレスで撮った写真であるということ(つまりは下位機種)、

露出とかシャッタースピードとか構図とか、あんまり知らなかったこと、

(とりあえず、せっかくなので全自動のPモードではなく

絞り調整可能なAモードで撮影していたという程度。だけど基本的に開放で撮影。)

RAWというものを知らなかったから、すべてJPEG撮って出しであるために

ノーレタッチにも関わらず、すごい!好きだ!と思えること。

 

それは1年ほど前のことなのですが、

それに比べて今は知識もずいぶんと増えましたし、

ニコンの中級機も買いました。

 

普段はニコンを使用しているのですが、

たまにオリンパスのミラーレスを使うこともあって

そうすると、できない設定とかいっぱいありすぎて

「使いづらいーー!」ってなるんですね。

 

そんなカメラで撮った写真を未だに超えることができないって、、

なんだか、写真って知識や技術や高価な機種とか、

ただそれだけじゃないのかなってたまに思います。

(けどやっぱり知識と技術は大切だし、

上位機種でさらに良い写真が撮れるのは確かです。)

 

3歳くらいの女の子が自分の両親のツーショットを撮った写真なんかに

すごくキューンってなったりもするし。

その子はただシャッターを押してるだけなんだろうけれど、

想いがたくさんこもっているような気がして、

それはそれだけで良い写真だと思う。

 

写真って奥が深いなぁと改めて思います。

 

photo by Q in 舞子

※この写真は文中の「素敵な写真ばかり撮れた日」の写真ではありません。笑